蓬莱の猫

好き勝手書くだけだよん

朝顔とシシトウが今年も順調です。(パッシブ水耕)

朝顔とシシトウが順調。

 

ソライロアサガオが次から次へと咲いております。青が鮮やかで綺麗です。

一か所の脇から三つくらい花芽が出て次から次へと咲いてくれるので毎朝楽しみです。

自家採種種の方は例年のように花が咲くのが遅くて、まだ咲いてません。赤紫で見慣れてしまった感がありますが、綺麗です。

自家採種種より買ってきたソライロアサガオの方が成長も開花も早いのは何ででしょうねえ。まあ時間差があった方が長く楽しめていいですね。

 

シシトウは毎日10個くらい採れてます。

今日も熱々のてんぷらにしてもらって、おいしくいただきました。

ちょっと辛いのがあってそれがまたいい感じ。

シシトウはやっぱりてんぷらですよねえ。うまいことこの上ない!いくらでも食が進みますよ。

シシトウの先の方、つまりてっぺんの辺りを見るとちびっちゃいシシトウが続々と実をつけているんですよねー。これが全部シシトウになるだと・・・!おー!天国ですね!

 

水は夏になると毎日ですね。

楽々菜園DXという底面給水鉢を使っていますが・・・それでも一日ですっからかんになりますからね。

特に葉っぱが生い茂っている朝顔は一日二回水やりが必要。朝は水だけ、夕方液肥入りをあげてます。シシトウはまだ夕方の液肥だけでいけてます。

液肥はエコゲリラの水耕栽培用液肥を使用。根っこが養液層に届いていて実質水耕栽培なので500倍に薄めて入れてます。8リットルのジョウロにA液B液を16mlずつ入れて水をジャーっと入れて完成です。水の勢いで液肥は混ざるので混ぜなくていい感じ。

 

土は去年から連続して使っている日向土onlyです。保水性保肥性ビミョーな土ですが、その弱点は底面給水の楽々菜園DXというプランターで十分カバーできます。

栄養はまったく含まれていないので、微量元素入りのエコゲリラ液肥を用いることで栄養をくまなくカバー。

理屈の上では連作しても大丈夫だと思って今年もやってみたところ、うまくいっております。シシトウも朝顔もバッチリ。やっぱり実証してナンボですからね。

使い終わったら根っこをとって水で洗って乾かしてまた来年です。プランター栽培の一番気になる点は土のリサイクルなので、毎年使えるのは大変ありがたいことです。

庭があるから土でも栽培できますが、庭ないと土を捨てる先に困りますからね。