蓬莱の猫

好き勝手書くだけだよん

有料化という箱を開けた

胸に衝動が宿っているので書いてみようと思います。

最近はサイドバーのリンクも外して無料でのんぴりやってればいいやと思ってたのです。

しかし!蓋を開ければなんのその。有料化したい!でも怖い!という気持ちがあったのです。

自分の筆に金をかける覚悟とでも言いましょうか。ただの無料の趣味じゃなくて、自分の頭の中から出てくる言葉にお金という責任を持たせる、とでもいいますか。とにかくいつでもやめれるという立場から、絶対元を取ってやるという挑戦者への立場の切り替えです。

今も胸の辺りがくすぶっております。この気持ち、もしかして恋?的な盛り上がりです。

最近の腑抜けた気持ちからは考えられないようなエネルギーがドクドクと涌き出ているのです。

言葉にしてもまた湧いてきます。現実と手を組んでやっていこう的な。現実に帰ってきてるんだなと思います。

もちろん空想を捨てたわけではないのです。空想しつつ、現実の困難を克服するゲームを体感し出したのです。

浮わついた気持ちだったと何回も思ってますが、今回の気持ちがむだ浮わついたものだったとしてもそれはそれでいいかなと思います。