蓬莱の猫

好き勝手書くだけだよん

<Huawei Mate 9レビュー>カメラ機能をスマホに求めるならMate 9オススメです。

HUAWEIのMate 9を再びオススメしにきました。

 

 LEICA協賛デュアルカメラ、光学式手ぶれ補正付き

老舗のカメラメーカーLEICA(ライカ)協賛のデュアルカメラが特徴的です。

1200万画素のカラーカメラと2000万画素のモノクロカメラでバッチリ撮れます。

デュアルカメラも進化して第二世代と銘打たれてます。

かなり対象に接近してもピントが合います。マクロ(接写)機能高い。

Mate 9を買う最大のポイントとなったのは光学式手ぶれ補正がついてるところ。

手の震えをキャンセルしてくれるのはいいですね。

シャッタースピードとか絞りも調整できます。とはいえ普通に撮る分にはカメラアプリを起動→シャッターボタンで終わりです。ピント調整(どこをはっきり撮るか)したいときは画面をタップです。日中なら簡単にピントが合います。

ワイドアパーチャという撮影後にピントをずらせる機能もありますが、自分は使ってないです。ぼけすぎて自然じゃなくなるというか。あと何気に処理重い。処理待ち時間が結構面倒です。

デュアルカメラがカメラの正中線に並んでいるので撮りやすいです。同じメーカーのP9とかは正中線からずれますからね。慣れの問題ですが、個人的に推したいところですね。

画面5.9インチと大きめ、狭額縁なので意外と大きく感じない

5.9インチと大画面ですが、ベゼル(縁)が薄いのでそんなに大きくない感じ。片手で持てます。落としそうになるので両手持ち推奨ですが。自分はバンカーリングつけてます。

これ以上大きくなるとそれはスマホというよりタブレット。たまにMate 9のことファブレットと呼んでるサイトもありますし。スマホタブレット=ファブレットでタブレット以下スマホ以上の画面サイズを指してるみたいです。

龍の歯医者を見たときもMate 9でしたが、迫力バッチリ。近い距離で見るには充分な大きさです。肘掛けに肘を置いて両手で画面を持って見るとちょうどよくて楽。

スピーカーも意外と音質いいです。まあイヤホンを推奨しますが。画面下右側のスリットから音が聞こえます。左側のスリットはマイクらしいです。

個人的に凄くよかったのは家だと電波が悪くて通話が難しかったのが、Mate 9に変えたらアンテナ一本は立つようになって安定した通話ができるようになりました。うち、立地が電波的に微妙だったので、これは大きい改善点です。Band19というつながりやすい周波数に対応してくれてたのが良かったのかも、と勝手に思ってます。ちなみに家族はソフトバンクですが、そちらも電波が悪くてホームアンテナ立てました。

自分は楽天モバイルですが、ワイモバイルへの変更も検討しましたが、価格・データ量・通話料等を検討していたらMate 9で最大の問題点だった通話が解決したので楽天モバイル継続になりました。ちなみに楽天モバイルの電波はドコモです。

指紋センサーも裏面についてますが、それなりです。手が汗で濡れてるだけで反応しなくなるのはどうにかしてほしいところですね。間違えてカメラを触るかと言ったら案外触らずに済みます。

付属カバーも角を保護するタイプのものですが、いい感じです。保護シートも最初から画面にぴったりと貼ってあります。角が丸っこいのと、貼るの苦手なのでこれは本当にありがたかった。

まとめ

スマホにカメラ機能を求めるならこの製品は抜群に良し!です。大画面で写真も大きく見れます。

第二世代LEICAデュアルカメラはP10という同じくHUAWEIの製品が発表されてますが、一次販売国に日本は入ってません。

Mate 9の価格は6万円前後とそれなりにしますが、その価値はあると私は思いますよ。