蓬莱の猫

気が向いたときに書き綴るブログ、植物・スマホとか

色んな感情を集めたい

やっと風邪の影響下から抜け出してきたぞ。元気出てきた。あと左の奥の歯茎に違和感。書いてどーすんだそんなこと。寝る前の間食がまずいかな。一応歯磨きはしてるんだけど。

どうも雰囲気というものが実際にある。元気になってる俺をぱっと見で元気になってるって父が言ったし。俺にはよくわからないけど、そういうシックスセンス的なものを人間は持っているとして考えていってみよう。

俺にあるのは理屈だからなー。どうも理屈以外を担当する自分がいるのを感じる。無意識と言い換えてもいいかもしれない。理屈が先遣して固定化してもよさそうなものが無意識に流れ込んで勝手にできるようになるというか。

色んな感情を集めたいようで。風邪になって落ち込んでいるのも面白いこと思いついてハイになってるのも収集家さんからすれば同価値。どっちでもいいのよ。どっちもあるから面白いんだから。青があって赤もあるから両方に価値がある。どっちかだけはつまんないのよ。

だだだーと書いてみようと思えば書けるものだ。本とかテーマとかなくても書いてるうちに書きたいことが勝手に出てくる。統一性とかはまあ考えなくていいかな。散文の集まりで文章は成り立つみたいだし。行間を読みたい人は読めばいいんじゃないかな。