蓬莱の猫

気が向いたときに書き綴るブログ、植物・スマホとか

悩む前に書いてしまえ

秋山瑞人・佐藤大輔・小松左京。

三大作家を自分なりに挙げるなら上の通り。

ただまあ昔熱中したんだけど、今何かの都合で読めなくなってるのが寂しい。体がフィクションで遊ぶよりも現実を見て覚えてよ!って言ってきてる感じ。体を通さないと何もできないのが現世ですからね。体さんの指示通りに現実を覚えるのです。

思えばフィクションに生きてきた人生ですからね。勉強というフィクション、読書というフィクション、ゲームというフィクション。作られた世界で頭の中を染めるようなことばかりやってきました。

かつてのようにフィクションに溺れる日は来るんですかね。あ、溺れちゃまずいか。フィクションの海を泳ぐんですね。

今できないからこれからもできないしこれまでもできなかったと考える癖があります。一時の気分に過ぎないものを想像力で膨らませちゃうのです。現在でしかないものを過去・未来へと展伸して、ブルーな気分で自分を染め上げるダメっぽいスキル。やめた方がいいからやめるべく認識を書き換えるのです。

やめたいことはただやめるのではなく、別の習慣で「上書き」する方が予後がいいとわかってきました。「やめる」だとその行為を意識してしまって心に残ってしまいますが、「行為Bをする」だと元々の習慣AをBという行為で完全に上書きできるのです。まあ習慣Aもなにがしかの必要があるから覚えた習慣なので、あとでふっとしたときに出てくることもありますが、一度習慣化を解除したものって、また来ても習慣にならずに流せるようになります。

こういうことを書いているとまるで心の機構を解きほぐしているかのよう。今の自分には心のケアが必要なのです。ないがしろにしていた心を大切にするべく、まずは心さんの動き方を知識化することが大事です。まあそういうことを考えるのも心さんなので、心自身が心を知る、とでも言いますか。人間が自分自身をあんまり知らないのと同様に、心もあんまり心のことを知らないのです。だから知るのが、大事。

人それぞれ心の構造は違う気がします。生まれてから、大人になるまでに作り上げた心は、いわば後天的なものですから、人それぞれ違うのでしょう。

Facebookが脳波で文字入力する技術を開発するそうですが、できるのかな。まずは英語が開発されそうです。英語と日本語だと脳の使う部分は違うのでしょうか。もっと言ってしまえば個人差があるのではないでしょうか。

脳の表面は計測しやすいので研究できるが、奥の方は測るのが難しく研究が進んでいないとも聞きました。奥の方が本能をつかさどってますから、上位構造ですよね。熱いものに触れたら意識がどうこうするまでもなく手を引っ込めますから、本能は意識よりも優先度が高いわけです。

そういえば人間は意識する前に脳は動き出してて、脳波が出てから少ししてから意識が動き出すらしいですね。意識って何でしょうね。よくわかりません。

吐き出す言葉が徐々に現実よりになってきたかな?アウトプットはやはり重要ですね。詰まったものを吐き出して、流れを通るようにするのです。中身は二の次三の次。吐き出すことに慣れましょう。それは本能的に快なものですから。書く前に悩むのではなく、とりあえず書いてしまう。それが文章のコツなのかもしれません。

俺得!な文章を雑に作ろう

なんか思いつくままに雑に書いてみようか。

物品でもまずは雑に作って機能を確かめるのが大事だと聞いた。雑に作っただけでも機能はわかるし、改善の余地があった時素直に受け止められる。構想自体が間違っていた場合、雑に作ったものならダメージも少ないし。

幼女戦記

コミックス版しか見てませんけどね。アニメ版はターニャの声が受け付けない。セレブリャコーフ嬢があんまりかわいくないし。背中に花を咲かせて登場する彼女はどこにいった。

第5巻が出てましたが、ご都合主義的な印象を持ち始めてます。

後方勤務を望む→戦意あふれる英雄だ…!

みたいな展開が続きすぎ。そろそろターニャの真実を見抜く人が出てきてもいいのでは。あとはターニャと同じような転生組が出てくるとか。

スクラップドプリンセス

昔読んでたのです。コミックス化されてたのでKindleで読んでみました。

なんか、キャラが幼い感じですね。小説の挿絵ではだいぶ大人っぽいがっしりした印象でしたが。丸っこくてくるりんとした感じのキャラ絵になってます。

ストーリーは…最近フィクションのストーリーがわからなくなってきてるからなあ。私の感性がおかしいのか、ストーリーがありきたりなのか。わかんないなあ。

高校生の頃のような文章からはっきりくっきりしたイメージを想起させてイメージの中で楽しみたいんですけどね。頭がぼーっとインフレーションしてて、入っていかない感じ。頭の中のエネルギー密度が高すぎて、中途半端な創作物は受け付けてくれない感じ。頭の中のビンに砂を詰め込みきって満杯にしてしまった、ような。そうなると出さないといけませんね。砂を出して受け入れる余地を作るのです。出すのだからアウトプットですかね。文章で吐き出すんですかね。書いてるうちに結構次から次へと出てくるもんですね。書く前はこんなこと書くとは想像してませんでした。

ヒストリエ

ヒストリエって歴史って意味ですよね。ヒストリアイとは関係あるのかな。もしかして表記が違うだけで同じものかもしれませんね。

主人公の名前が思い出せない…。なんだっけ。スキタイなのは覚えてるんですが。あとチェス作ってた。手先が器用でした。

紙面から少し真剣だけど緩い感じがして面白いマンガですよね。緩めの空気感が楽しい。

秋山瑞人

EGコンバットではまった人(ハーイ)。女性が全員月にいるとかどんだけ無茶設定だよ、と思うんですが、気にならなくなるのが秋山瑞人の魔法。文章自体に魔法でもかかってんじゃないかと思わせるようなイメージのしやすい文体です。

数日前に文章を書き写してみましたが、書き写してる時は感じなくても、次の日になって見てみると秋山瑞人の魔法の文章がちゃんと出来上がってるんですよねえ。

書いているときの視点と、読んでいるときの視点というのはすんごく遠く離れているというのがわかりました。

それに秋山瑞人氏の文体は秋山氏にしか書けんでしょ。目指すは自分の文体ですね。書いてて集中できて、あとから読んでも…後から自分で読むのはいらないかも。書きっぱなしでいいかもしれませんね。

しかし小説家というのは色々なことを文章にできないと成れませんね。校舎が右手、プールが左手とか、時計があーだこーだと書き連ねるのは私にゃ無理です。そこまで想像力を膨らませられない。しかもそれが導入部の序盤にすぎないのだから。どれだけ想像力あるんだろ。そして想像したものを形に残せるのもすごい。浮かんできたものをすくいあげても数時間したらなんだろ?これ、って感じになっちゃうからなあ私。

浮かんできたもので瞬間的に楽しくなってるから書き残すのですが。それが後の自分から見て楽しいか、というのは別問題。よくわからなかったり、否定しちゃったりするんですよね。消さずにとっとく、というのが最近の自分ルールです。否定しちゃってもそのうちまた肯定するかもしれない、というのが理由。気分はぐるぐる巡るのです。

こうして書いている文章は、今は書き手の自分が見ていますが、明日になったら読み手の自分が見るわけです。見ないかもしれないけど。別の人が見たらその人がその時の気分で読んでみて、何を思うかなど私からはわからないのです。ブラインドが大量にかかったまま過ごすのが日常。考えなくてもいいことまで考えて不安になるのが今の私です。常識のラインがどこにあるのか、よくわからなくなっているので、暫定ラインを引いては違うかな、こうかな、とやる日々です。しまいにゃフラクタル図形みたいなラインが引けそうですねえ。

佐藤大輔

御大、死んじゃったんですね。好きだった作家さんの訃報を聞くと年取ったなあと思います。続編は出なくてももしかしたら…!と淡い想像をすることはもうできないのです。いずれ私も旅路に出るのでしょうね。さてどこにいくのやら。大量の佐藤大輔、大量の秋山瑞人の著作がある大図書館の司書さんとかになりたい。

生まれる前と死んだ後は果たして同じ場所なのかな。どっちも無であるのですが。人はどこから来て、どこに行くのか。永遠のテーマなり。考えたら負け、なテーマでもありますが。いずれゆくのだ、ということを体感できれば考える必要もなくなるテーマです。考えているうちはわかってないんですよね。わかったというのは体で感じるもので、頭で理解するものではないのですから。

今の自分は頭がぼーっとしているような感じ。寝起きはさらに体が寝ているので二重苦。ぼけている自分を認識して、なんとかして火を入れる必要があります。

今日はこの文章書いてたらなんだか火が灯ってきましたね。さっきまでは穏やかではあるものの、気分がなんか鈍かったです。

文章を雑に書くというのはなかなかいい考え方です。きっちりしっかりしたものなんて書かなくていいのです。まずはアウトプット。体が動くままに中身の精査などせずに、ただ垂れ流す。垂れ流した文の海の中からまたなんか新しいものが見つかるかもしれない。新しいものを手に入れた後のことは手に入れてからでないとわからないものです。

毎日繰り返す中でも、パターンを把握して現状を分析するのは大事。私の場合一晩寝るだけで朝になったら体が動いてませんからね。頭がぼけているのはいつものことですが。体に火を入れるのです。それには新しい刺激が必要です。外部に新しい刺激を求めるのは限度があります。そんな新しいことばっかりあるわけではないのですから。それよりも自分の心の海から出てくる文章を引っ張り出す方が面白いし、飽きが来ないのではないか。書いている自分に熱中するのはとてもいいことではないか。役に立つ立たないで言えば、俺得!なだけでいいではないですか。誰かの役に立つ前に、自分の役に立つ文章を書くのが大事ではないかと思います。

朝顔を移植(とはいっても雑に植えるだけ

朝は苦手です、猫です、こんにちは。

もう昼ですね。このくらいにならないと頭が回ってこないのが困りもの。

無感動になっちゃって何やっても楽しくなくなっちゃうんですよね。

まあそれはそれとして今日も庭写真、いってみましょう。


f:id:hourainoneko:20170518113905j:image

行灯仕立ての朝顔プランターは普通の種が全然発芽しないので最終兵器!移植!をいたしました。

日向土の方はおそらく何も処理せずに蒔いた種が発芽してるんですよね。そこから一本いただいてきまして、適当に植えました。朝顔は頑丈なのでこれで育つはずです。


f:id:hourainoneko:20170518114041j:image

日向土のプランターの方は本葉が見えてきました。真ん中に移っているのが行燈仕立てに移植したやつです。日向土は保水性少しある、保肥性ある、みたいな土です。庭土より育ちが若干遅いけど、気のせいの範囲内でしょう!


f:id:hourainoneko:20170518113926j:image

シシトウを上から見てみようの回。花芽が見づらいですが写ってます。これから枝が分岐するたびに花芽が出てきます。茎が弱いのであらかじめ支柱も立ててあります。これでバッチリ。懸念していた連作障害もないみたいです。日向土はリサイクル可能な資材かも?いい感じです。


f:id:hourainoneko:20170518113947j:image

ミリオンベルは摘心した後、あんまり変化がありません。花は相変わらず咲いてくれてます。5月半ばでこのくらい咲いているなら十分かな?もっさりと大きく育ってほしいですね。


f:id:hourainoneko:20170518114001j:image
f:id:hourainoneko:20170518114123j:image

オステオスペルマム二連打。うちにあるオステオはこれで全部です。どちらもいい感じです。


f:id:hourainoneko:20170518114022j:image

最後にバラ。フィリスバイドです。まだ少し花芽は残ってますが8割がた咲いてきましたね。散るときは花ごとぼとんと落ちる感じでした。秋にはまた咲くんでしょうか。

アサリナのネットへの張り方がすごい

朝は自分でもどうして?って思うくらい頭が回らない猫です。こんにちは。

気が付いたら二度寝してました。二度寝でいつもとリズムが変わったのでペースをつかみ損ねてます。まあ悪くはない。

特に関係はありませんが、いつものように庭写真を。

 

f:id:hourainoneko:20170517122601j:image

アサリナさんはネットをガシッ!とつかんで離す気がない模様。早めにプランターの位置を調整していて正解だった。

朝顔とは違う感じです。朝顔はつる自体が巻き付くのですが、アサリナはつる本体から出た葉っぱがぐるりとネットを回って固定する感じ。新鮮で面白い。

グリーンカーテンにする予定なのですが、葉っぱはこれから大きくなるのかな?わからないので、楽しみに待つことにします。

プランター、養液栽培用ので底の方に養液がたまってますが、どうしようかな、これ。雨水が盛大に入ってるから相当薄まってるだろうなあ。夏とかになれば毎日つぎ足すから心配なくなるんですが。アサリナさん元気みたいなんで放っておこうか。桜とかバラは養液抜いてもちゃんと育ってるんですよねえ…悩んじゃうな。養液栽培システム自体に疑問を持っちゃってる。普通の土の方が早く育つんじゃないか?って疑問が出てます。朝顔とか日向土オンリーより庭土の方が成長早いんですよねえ…うーん、どうしよう。
f:id:hourainoneko:20170517122633j:image

こちらが庭土の朝顔さん。見た通り行灯仕立てにする予定です。本来なら芽が出てるソライロアサガオのほかに普通の朝顔も出てきて、二株育てる気でいたんですが、普通の朝顔が芽を出しませんねえ…結構蒔いたんだけどな。日向土の方に間引きする予定の芽があるのでそれを植えこむ予定です。


f:id:hourainoneko:20170517122649j:image

オステオスペルマムさん、オレンジの方。久しぶりに咲いてくれてるのでうれしいから毎日のせちゃう。


f:id:hourainoneko:20170517122659j:image

地味で申し訳ないんですが、ジャガイモです。それも種イモは買ってきたものでなくて、家に転がっていたものです。ウイルス病の関係で買ってきたものが良いらしいのですが、一つか二つのためにたくさん買う気にはなれなくて。

根元がぼっこり膨らんできたら土寄せする気でいるのですが、ぼっこりしてませんねえ…ジャガイモっていつごろできるのだろうか。6月頃には収穫できると書いてあったような。そろそろ膨らんできてもいい気がするんですが、変化なし。しばらく様子見です。様子見するのはいつものことですが。


f:id:hourainoneko:20170517122713j:image
パッションフルーツはなんか変化ないです。ちびっこいまんま。

別のホームセンター行ったらもっとしっかりした苗が売っててちょっと後悔。

多年草みたいです。

暇ならなんか作って遊ぶべし

<始>

この世界が架空のものだとしたら。

だからどうした。本当の世界があるとでも言うのか。

「本当の世界」とやらがあったとしてもね、そこに行く方法がないのなら存在しないのと一緒でしょ?それともなに、死んだら本当の世界に行くとか言うんじゃないわよね?

ばっっっかじゃないの!

そんな当てもない運否天賦な宝くじ以下の当たりがあるのかどうかすらわからない博打をやるようなこと、真剣に考えるだけ無駄だっていい加減わかりなさいよ!

私たちがいるのはここ!地球でも日本でもなんでもいいけどね。浮ついた考えで現実逃避している暇があったら私が首折ってでもこっち向かせてやるわよ。

現実は、現実。夜寝て朝起きたら同じ体で目を覚まして、半日以上続けて動かしてまた寝たらまた同じ体で起きるのよ。それが現実ってものよ。

合間合間で何しようが勝手だけどね、現実逃避で死を考えるなんていうのは最低最悪のへっぴり腰野郎のやることよ!そんなことしている暇があったらまだ暴飲暴食する方がマシよ。…いえ暴飲暴食はどうかと思うけどね。まああくまで比較よ。最悪よりは結構悪いの方がまだマシでしょ。現実からくるフィードバックを受け止めたくて生きようとしているやつだっているのよ。

この現実が架空の世界?だったらどうなのよ。あんたは現実と「本当の」世界とやらを行き来できるスーパーマンだとでも言うの?だったら本当の世界とやらの写真でも撮ってきなさいよ。スマホでもなんでもあるでしょ。はーん、スマホもないの?その本当の世界とやらは。こっちとあっちを行き来する時は物を持ち込めない?ずいぶんとまあ厳しいお約束ですこと。小学生の遠足のしおりみたい。

とにかくね。明日はやってきます。徹夜しようが眠りにつこうが明日は来るし、明後日も来る。10年後や20年後なんてその時考えなさいよ。先のこと考えすぎるのははっきり言ってアホのやることよ。どうなってるんだかわかったもんじゃないもの。

…もし明日富士山が噴火してついでに関東で大地震があってこの世の終わりみたいになったらどうする?そんなこと大きすぎること考えたって…って何よその顔。待ってました!みたいな顔をするんじゃないわよ。はっきり言って日本人の、いえ世界人類の大不幸を待ち望んでるかのような…あーあんたの場合もっとタチが悪いわね。ただ面白そうだから喜んでるだけよね。で、実際直面したら何していいかわからない命令待ちのロボットみたいになっちゃうんだから。私がいないと何もできないくせに。バーカバーカくやしかったら自分一人で人生生きてみなさいよ。一人だと寂しくて泣いちゃうくせに。ウサギみたい。

要するにね、あんたは今平穏無事に過ごせてて、でも変化がなくて面白く感じてないから、あるんだかないんだかよくわからないものを想像してるだけの暇人ってことよ。そんなに暇ならおやつでもジュースでも買って食べてたら?少しは気がまぎれるでしょ。

…あー面白いと思えるものがない?審査基準がお高い輩はこれだから。あんたの面白いと思えるものっていうのはずいぶんハイスペックなのよ!世の中もっと下の方の水準で回ってるんだから我慢しなさい。それが嫌なら自分で作るのよ。受け身でつまんないつまんない言ってる暇があるのなら、一度自分で作ってみればいいのよ。つまんなくたってやるのよ。やってるうちにどんどん楽しくなるものなんだから、創作って。そういうもんよ。何?まだ文句あるの?さっさとその記事書きなさいよ。パソコンの順番待ちしているんだから察しなさいよ。<終>